国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 調剤業務 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師用語集 >  調剤業務

調剤業務

薬剤師の一番よく知られている調剤とは医師の処方箋に基づいて特定の患者用に指示された使用法にあうように薬を正確かつ迅速に調製し、患者へ交付することです。

薬剤師は調剤の際、処方せんの記載を吟味して、薬に関する副作用や併用している薬との相互作用などについて問題ないことを確認します。また、現在使用している薬だけではなく、薬剤服用歴と照合したり患者の体質やアレルギー歴なども考慮します。


調剤薬局の仕事とは、薬を渡すだけではなく、渡す薬について、正しい知識に基づいた説明責任を果たすことでもあります。ですから、薬の使う用法・使う量はもちろん、薬の種類・効能などを、できるだけ専門用語を使わずに分かりやすく説明するようにします。


これが、調剤した薬を渡すだけではなく、薬が適切に服用されるための個々の患者に合わせた服薬指導を行わうわけです。これは、薬剤師が登録販売者などとは違う重要な役割です。


また、病院勤務薬剤師の場合、薬剤部門内での調剤業務だけではありません。投与している薬の成分について血液中の濃度を測定したりして医師が適切な投与量を判断できるようにしたり、薬剤師が他の医療スタッフと一緒に入院患者のベッドに行き、使用している薬についての服薬指導や注射薬の管理などを行う臨床活動も活発になっています。

あるいは町の薬局でも、薬局の調剤室内で調剤業務をするだけではありません。患者が寝たきりだった場合は家を訪問して服薬指導などを行う在宅医療業務も増えています。


また、処方医のためにも必要な情報を提供することが求められてきています。そのためには、薬に関する最新情報の収集と整理も重要な業務となっています。


ですから、薬剤師の仕事はどんどんとやる範囲が広がって、そして専門性を高めています。自信を持って薬剤師になりましょう。

 <  前の記事 薬剤師の年収  |  トップページ  |  次の記事 薬剤師は、どこで働くの?  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX